アルミフレーム LECOFRAME blog

ワンランク上のクオリティ Tロック結合でシンプル設計 スピード組み立て
お気軽にお問い合わせください TEL 052-739-2901 FAX 052-739-2902 e-mail leco@yukilabo.co.jp  

 

アングル

ロボットアームデモ用架台&安全カバー

安全カバー
写真は、某展示会の、ロボットアームのデモンストレーションの様子です。
負担の大きい架台部は40シリーズ、
ディスプレイ要素の高いカバー部はスリムな25シリーズで構成されています。
ブースの展示レイアウトに合わせた八角柱形状なので、
縁起が良く、注目度もUPですね。

■使用アルミフレーム

架台部   F40A、F412
架台部扉  F24K,F26M
カバー部  F25A,F25L,F240
カバー部扉 F153,F154

■主な使用パーツ
TB25,TL2F,TB40,TL4F

H25WS,H40WS,HAAH
R05W,PS4T,RM25
MD25,MD40
E153,E25A,EP24,E40A

■主な使用工具
3mm六角レンチ,5mm六角レンチ,+ドライバー#2,スクレパー,プラスチックハンマー等

各パーツの詳細は、カタログをご覧ください。  

棒材ラック

98eba9eb.jpg

作例は、様々な長さの棒材を整頓するためのラックです。アルミフレームの枠組みに、2種類の太さ、様々な長さの角紙管を並べ立てる構成になっています。台車部には木板が敷かれています。

c8efd239.jpg
 

角紙管は、台車部の255フレーム枠内に圧入のように差し込まれているため、上部が開こうとします。左右については、柱が梁で結合されているので、それが抑えられています。前後については、アングルブロックを使用して255フレームの柱を補強しています。


各パーツの詳細は、カタログをご覧下さい

ロッドラック

df2626fc.png

作例は、釣竿や棒状のものを壁に掛ける(載せると表現すればいいのでしょうか?)ラックです。

壁に取付けた二本のベースブロック25ロング材(穴追加工品)に、三角形状に組んだユニットを3セット取付けています。載せるロッドの長さによって三角ユニットの位置を調整できるようにするため、ベースブロック25ロング材を壁に取付けてあります。

三角ユニットは、240フレームで構成されています。斜めの結合にはアングルブロックを用いています。先端部の短い240フレームには、1ヶ所Tロック穴加工がしてあり、その加工穴をM3ザクリ穴として、ロングナットを用いてアングルブロックとも締結してあります。

壁材が丈夫であれば、穴の追加工をしたF255などのフレームをベースブロック代わりにすることも有りでしょう。メリットとして、溝を増やせる、端面にエンドキャップを取付けられる等が挙げられます。

※画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。

■使用アルミフレーム

F240、F154、BB25

■主な使用パーツ

Tロック25(TL25)テーパーボルト25(TB25)

アングルブロック(PB22-40)、エンドキャップ(E154)

エンドキャップ(E240)、Fナット25(NF25-M3)

M3x24キャップボルト、M4タッピングネジ(BB25取付け用)

■使用工具

2.5mm六角レンチ、3mm六角レンチ

+ドライバー#2、プラスチックハンマー


各パーツの詳細は、カタログをご覧下さい

自作リクガメ ケージ

お客様に作品の写真をいただきました。

陸亀の小屋だそうです。

7b6b404a.jpg

柱は44Lフレームで、M10タップ加工を施してキャスターが取付けられています。40Pフレームを用いることにより、扉を斜めに配置し、お手入れのしやすさを実現しています。扉のパネリングは、なるべく視界を狭めないためにウェッジリムを選択されています。サイドパネルは適度な通気性が必要とのことでパネルステー40を選択されています。パネルの材質はアクリルt5です。


f3cf8ad5.jpg

温度調整のためのヒーターでしょうか?電装関係の線材はフレームの溝に埋めるように処理されています。

当初は木で製作したそうですが、カビなどが発生し清潔を保つのが難しかったそうです。レコフレームで製作した小屋は、木製の小屋に比べ高価になると思いますが、透明なパネル仕様による高い視認性、高い組立精度、利便性、組立てるだけの手軽さ等に、その価値を感じていただけると思います。

17ef5c88.jpg

もしもし亀さん、快適ですか?

「・・・・・」

フムフム。そーですか、快適ですか!それは良かった!


■主な使用アルミフレーム

F24K、F24M、F40P、F44F、F44L

■主な使用パーツ

Tロック40(TL40)、テーパーボルト40(TB40)

ヒンジ40(H40W)、プラキャビネット取手(HAP1)

ロック付き双輪キャスター(CA50-VN)

エンドキャップ(EP24、E40P)

パネルステー40(PS4T)、ウエッジリム(R05W)

■主な使用工具

5mm六角レンチ、17mmスパナ

+ドライバー#2、プラスチックハンマー



各パーツの詳細は、カタログをご覧ください

■レコフレームバナー会員募集中■ あなたの作品をホームページで紹介しよう!

集塵箱

作例は、エアーダスターガン用の集塵設備です。

エアーダスターガンの風力を利用するので、動力源はありません。エコですね。

aa788bd2.jpg

架台部は、主にF44F,F46L、F48Lで構成されています。柱下部の端面にはM12タップ加工がされており、アジャスターが取り付けられています。背面側の傾斜パネルは25シリーズで構成されており、サイドロックで傾斜角の調整を実現しています。

711a13ea.jpg

エアーダスターガンで吹き飛ばされた「塵」は、上部傾斜パネルによって向きを変え、下部の集塵箱へと誘導されます。

開口部に対して内部を狭くすることによって空気の流れを加速させ、吸引効果を得ています。上図は、吸入口の様子。下部にも傾斜パネルがつけられ、空気の流れは更に加速します。


その後、、空気の流れは、正面下部の広い集塵室で一旦減速し、「塵」を受け皿に落としてから、上部の狭いシケインを通って正面のスリットから排出されます。

手前の傾斜パネルは、架台部の48Lフレームに結合された40Aフレームの溝にFナットで固定されています。

上側のサイドパネルはt=1.5mmのアルマイト板で、傾斜パネルの254フレームにFナットで固定されています。下側のサイドパネルはt=6mmの塩ビ板で、PS4T-M5を用いて固定されています。こうすることによって、パネルと架台の隙間を無くし、空気の漏れを防いでいます。


c4f20c16.jpg

上部傾斜パネルは、コの字形に組んだ254フレームの上部枠と、T字型に組んだ154フレームの下部枠をサイドロックで合体させたフレーム枠に、t=1.5mmのアルマイト板をFナットとパネルステーで固定することによって、剛性を確保しつつ、254フレームの外形を生かした「淵」と、フラットな面を実現しています。


471cc1c6.jpg

上下の傾斜パネルは、背面パネルを構成している26Kフレームの溝にかみ合うようにはまり込んでいて、空気の漏れを防いでいます。

背面には、工具や冶具などを載せられる台が設けられています。奥に見えるフレームで作られた冶具は、集塵箱上に設けられた長方形の枠にセットして使えるようになっています。


■主な使用アルミフレーム

F154、F25L、F254、F26K、F33M、F44F、F40A、F46L、F48L

■主な使用パーツ

Tロック25(TL25)、テーパーボルト25(TB25)

Tロック40(TL40)、テーパーボルト40(TB40)

Fナット40(NF40-M5)、Fナット25(NF25)

サイドロック(SL2B-L20)、サイドロック(SL1B-L20)


エンドキャップ(EP25)、エンドキャップ(E254)

エンドキャップ(EP33)、エンドキャップ(EP46)

モールセット40(M40S)、パネルステー40(PS4T)

パネルステー25(PS2T-M4)、樹脂溝カバー25(SC-25)

樹脂溝カバー40(SC40)

■主な使用工具

1.5mm六角レンチ、3mm六角レンチ、5mm六角レンチ

+ドライバー#2、プラスチックハンマー、19mmスパナ

■フレーム特殊加工

M12端面タップ加工

各パーツの詳細は、カタログをご覧下さい

プロフィール