8a2a3c5c.jpg

作例は、某倉庫に設置されるシステムラックです。サイズはW1800xH1700xD590です。

台車部は、台車単位で入出庫することを想定しています。台車は長手方向の下梁を付ける事でより丈夫になりますが、台車下の空間に、エアークッションや巻段ボールが収納できるよう考慮されています。台車の短手の梁に412フレームが使用されていますが、これは廃材を再利用していて、本来はF46Lで十分な剛性が得られます。

許容荷重は、台車、中上段ラック部共に、均等許容荷重で300kg以上を確保しています。

ラック部の梁は、横通しの天部梁から、23Mフレームで下部の梁を吊る構造にして、棚が下方へ滑るのを防止しています。



各パーツの詳細は、カタログをご覧ください。


■使用アルミフレーム(ラック)

F23M、F34K、F44M、F46L


■主な使用パーツ

Tロック40(TL40)、テーパーボルト40(TB40)

Lブラケット(BL40)、エンドキャップ34用(EP34)

ロック付きキャスター(CACB-M16)

■主な使用工具

5mm六角レンチ、+ドライバー#2、

プラスチックハンマー、スパナ


■使用アルミフレーム(台車)

F23M、F412、F46L、F48L、F66L