515802fd.jpg

ある検査機内部の写真です。

A・B・Cのフレームは、外形を構成するもので、後にパネルが取り付けられます。従って、移動は不可です。Aフレームに注目して下さい。ベースフランジが取り付けられています。ベースフランジに結合された、Dフレームは、ベースフランジのT溝上を移動(上下に調整)できます。ベースフランジは、取付けボルトを緩めることで、AフレームのT溝上を移動(左右に調整)させることができます。

このように、Aフレームを動かせなくても、ベースフランジを利用することにより、Dフレームは2軸方向に位置調整可能となります。


こんな時どうする?で取り上げて欲しい内容 募集中!