3Dprinter5
今回の作例は3Dプリンター台です。
参考価格¥59,800(パネル材費を除く部材費)
プリンターを載せる部分は、ずれないようにプリンターの足が載れば良いので、板は使わず、152フレームの上に載せることにしました。

3Dprinter1

外形サイズはW520mm D610mm H700mmです。
プリンターーの外形+25mmに設定しました。

■フレーム選定
3Dプリンター重量約25kgに耐え、引き出し構造と
フレーム接続に必要な溝数を考慮し、
25Lフレームが最適であると判断しました。

■パネル選定
底板には作業の道具や材料を置いても
たわみの少ないt1.5アルミアルマイト板
引き出し側面は目隠し程度でよい為
軽くて加工しやすいアルミ複合板にしました。

パネルの固定には、板に穴加工も必要なく
体裁も良いパネルパッキンを採用しました。

■企画・設計のポイント
3Dprinter2
 企画段階では3Dプリンターの架台と言う事でしたが
3Dプリンターでの作業を考慮し、
引き出し式の作業テーブルを追加しました。

3Dprinter3
3Dprinter4
他、作業に必要な道具や材料を保管する引き出しを追加しました。

3Dprinter6
引き出し機構の実現には、様々な方法があります。
作例は、引き出しを抜き出せない構造で、耐久性は高くありませんが、
シンプルで安価な構造である事を重視し、 
引き出し側フレームのT溝と本体側フレームのT溝に、
Fナット25で、M4キャップボルトを固定するだけの
ものとしました。


■使用アルミフレーム
F152、F25L、F255 

■主な使用パーツ
鉄Tロック25(TL2F)
テーパーボルト25(TB25)
Fナット25(NF25-M4)
エンドキャップ(EP25、E152)
コーナー用キャスター(CAP5-UR25)
アルミ製キャップ付き取手(HAAP-NF25)
パネルパッキン25(RP2M-L5、RP2M-L10)
大径ワッシャー(PW16-M4)

■主な使用工具
3mm六角レンチ、5mm六角レンチ、
+ドライバー#2 プラスチックハンマー

各パーツの詳細は、カタログをご覧ください。