DM1

11月8日に
トヨタ技術会と豊田市によるイベント「わくわくワールド」が開催されました。

あいにくの雨でしたが、盛り沢山の企画が有り、子供から大人まで楽しめるイベントでした。

 

そして、TESフェスティバル2015では、トヨタ自動車様の精鋭によるアイデアコンテスト

~あの頃描いた、2015年って?~

にて、性能実験部様製作のレコフレームが骨組みに使用された作品

「デフォーメーション☆ムーバー」が、全11作品の内、見事銀賞に選ばれました!

ムーバー2
ムーバー3

ファイアーカラーの迫力あるシエンタから小型ヴィークルが出現し、ロボットに変身する斬新な物でした。


ムーバー4

キャタピラ付のハッチが開き、通称”ウリ坊”登場

ムーバー6
ムーバー7
 

 ”ウリ坊”が自動展開し1人のりロボットにトランスフォーム!

 

 ムーバー5


骨格はほぼ「レコフレーム」でできています。

負担の大きいシャシー部には40シリーズ、カバー部には25シリーズが用いられているようです。

レコフレームの骨組みがここまで可動するように構成されているのは驚きです。

性能実験部様にレコフレームを選定していただき、ここまで使いこなしていただけるとは、メーカー冥利に尽きます。
レコフレーム独自の接続方式であるTロック結合を評価してくださっての選定だそうです。

その上、ご好意でLECOFRAMEステッカーまで貼ってくださり、感謝。感謝です。

今後もレコフレームを宜しくお願いいたします。